モナコF1のコースは公道です!

Pocket

今日は大変暑かった。いやー、真夏と言えどここまで暑いと嫌になりますね。こんな日は帰宅後水シャワーと冷たいビールに限ります。さて今日はモナコのお話し。

F1モナコグランプリで有名なモナコ

モナコは独立国でちょうどフランスの南の海沿いとイタリア国境に近い場所にある景勝地・リゾート地です。モナコにはセレブも多く住んでいて、カジノもありヨーロッパのセレブとはこの事か!と実感できます。

F1好きな方はご存知だと思いますが、公道がそのままF1コースになります。レンタカーで走れば、本物のF1が走るルートを自分で運転することも可能です。

そういったご希望を持つ方になんとフェラーリをレンタルして運転できるプランもあったりします。最高ですね、車好きには。私も車が大好きなので、いつかモナコでフェラーリを運転してみたいです。

カジノも有名!数多くの映画の舞台にも!

モナコと言えばカジノ。
ただしマカオなどのアジアのカジノと違い、紳士・淑女の集まりなのできちっとした格好で行かないと恥ずかしい思いをします。

モナコのカジノは社交場の一つで、やはりせっかくですからフォーマルとまでは行かなくても、ある程度きっちりした服装で出かけたいものです。カジノ自体は至って普通で、自分の予算に応じて遊べます。

モナコは何というか、雰囲気を楽しむ国ですね。ホテルも高いホテルもありますが、そこそこのレベルのホテルもありますので、もし機会があればぜひ訪れてみてください。

周辺はフレンチリビエラと呼ばれる景勝地

モナコも十分色気はありますが、周辺の街もフレンチリビエラと呼ばれる、味のある町を見る事ができます。

日本で有名な所はエズ村。崖の上にある小さなカワイイ街です。フランスでも有名な港があるマルセイユからも近く、マルセイユからエズやモナコをへてイタリアに抜けてみるのもお勧めです。

モナコからはミラノに行くこともできますが、そのまま海沿いを下りジェノバへ行くのもお勧めです。日本でも聞くジェノベーゼの発祥地です。

フランスを北上すればアビニョンやアルルなどの有名地も!

イタリア側に行かず、フランス側に行くならアビニョンやアルルがお勧めです。

歴史の教科書にも出るアビニョン、ローマ遺跡の残るアルルなどパリとは違った街並みが見れるのがお勧めです。そこから南下していくとスペインまで到達します。

フランスとスペイン国境はバスク地方と呼ばれ、美食の街が点在。タパスと呼ばれる居酒屋でワインを片手に、おつまみであるピンチョスを食べればもう天国!やっぱり食事重要ですね。

テロもなく、ヨーロッパの素晴らしさを味わえる!

イタリアに抜けても、フランス南部に抜けても、途中の街々は日本の団体ツアーではあまり寄らない好きな街々。

マルセイユのブイヤベースも試したいし、フランスはやはりワインも美味。鴨料理などもお勧めです。イタリアに海沿いで抜けるならやはり海産物の料理が絶品!どっちに行っても面白いです。

フランスと言えば圧倒的にパリに行く方が多いですが、どの国も地方の小都市こそ、魅力を感じることができるのです。

車好きならモナコを中心にプランニング!

車好き、特にF1好きならマストでモナコ。観光地はさほど多くないので1日あれば十分です。1日でカジノやF1実走コース見学は可能です。

個人的にはイタリア方面に移動がベスト。大都市であるミラノは大聖堂や有名な最後の晩餐など、観光素材も沢山。さらに本場のイタリア料理はメチャうまです。定番ミラノではなく、先ほど言ったジェノバやボロネーゼソースの発祥地のボローニャ、生ハムで有名なパルマなども行ける範囲内です。メジャーツアーで行かないイタリアの小都市を攻めるのも大変お勧めです。

やっぱりヨーロッパは面白い!

日本でも地方都市に特色が強くあるように、海外も同じく地方都市にこそ思い出に残る観光やグルメを楽しむ事ができます。フランスやイタリアはともに鉄道がそこそこありますので、移動も比較的便利です。地方グルメに的を絞っての旅行など、かなり面白いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加