今年もオーロラの時期が到来します!


真夏真っ最中ですが、旅行会社ではすでに冬の商品を作成しています。
季節感、全くないですね。すでに年末年始の予約は入り始めて席も混んできています。
ちょっと早いと思われるかもしれませんが、年末年始のご予約はお早めに。

さて今回は冬の定番オーロラです。

スポンサーリンク

1度は見たい極北の神秘・オーロラ

オーロラは太陽から出る太陽風が地球の大気と衝突する際に発生する自然現象。北半球では北緯65度から70度付近のオーロラベルトと言われる地域で良く観測されます。有名なオーロラの見える観光地はカナダのイエローナイフ、ホワイトホース、北欧フィンランドのロヴァニエミやサーリセリカ、アイスランドでも条件が合えば鑑賞する事ができます。

フィンランドのロヴァニエミには本物のサンタもいます!

北欧フィンランドはオーロラの定番国。
ロヴァニエミやサーリセリカ、イヴァロという都市でオーロラ鑑賞が可能です。
オーロラは暗くないと見えませんので、日中は街の散策やショッピングを楽しむ事になりますが、フィンランドの小都市ですので街もさほど大きくありません。

その中でもロヴァニエミには街の近くにサンタクロース村があり、一年中サンタクロースに合う事ができます。郵便局もありサンタクロース村からお手紙を出すこともできます。ロヴァニエミなら夜はオーロラ、昼はサンタクロース村へなんて事も出来ます。

ただ小さいと言えどロヴァニエミはそこそこの大きさの街なので、オーロラ鑑賞はできれば郊外に出かけて鑑賞した方が見える確率が上がります。シーズンにはロヴァニエミ郊外にオーロラツアーも出ますので、こういったツアーに参加するのも一つの手です。

さすがに北極圏にもなると夜もかなり寒くなります。オーロラツアーではコタと呼ばれる現地のテントでホットドリンクを飲みながらオーロラが出るまで待つことができ、防寒着を完全装備しなくても参加できるので、手軽にオーロラを楽しむ事ができます。

北に行けば行くほどオーロラ観測率は上がる?

ロヴァニエミから北に行くと、サーリセリカ、イヴァロと言った都市もありこちらもオーロラの観測地として有名です。また街の規模の小さくなるので、街からでも条件が合えばオーロラ観測が可能です。サーリセリカでは日中クロスカントリーなども楽しめるので、サンタクロースはいませんがオーロラ以外でも楽しめます。

イヴァロまで北上すると規模は村になります。街の中心には1件スーパーがありますが、オーロラ以外には日中する事がなくなります。オーロラに集中したいのであればお勧めです。北欧のホテルにはサウナが併設されている事が多く、日中はゆっくり過ごし夜のオーロラ観測に備えるのもいいでしょう。

天井がガラス製!
部屋からオーロラが観測できるイグルーがお勧め!

ロヴァニエミやサーリセリカの近くには天井がガラス製で、部屋からオーロラ観測ができるイグルーと呼ばれる宿泊施設もあり、大変お勧めです。

部屋数が少ない為、冬のオーロラ期間は常に満室の事も多く、料金も通常ホテルに比べると割高ではありますが、やはり部屋からオーロラ観測ができるのは大変便利です。
イグルーの部屋にはトイレのみでバスが共同になるケースが多いです。連泊には向かないかも知れませんが、1泊程度であればぜひ宿泊してみる価値はあります。

オーロラの後はヘルシンキで雑貨ショッピング!

フィンランドの都市へはヘルシンキまで直行便のフィンランド航空がお勧めです。冬場は同日でオーロラ観測のできる都市に接続できます。最短5日間からオーロラツアーはありますが、せっかくならヘルシンキに立ち寄るのがお勧めです。

日本でも有名なマリメッコや北欧雑貨の数々、北欧グルメも楽しめるので自然だけだと物足りない方にはお勧めです。ベタですがノルウェーサーモンの料理も試してみてはいかがでしょうか?全体的に北欧は物価が高いですが、大変治安も良く旅行にはおすすめの行先です。今年の冬は自然の奇跡・オーロラを見に行きませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加